RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
広尾、ブラッスリー「マノワ』の、野鴨・・・
JUGEMテーマ:グルメ
IMG_0073.jpg1ヶ月前から楽しみにしていた親父3人の会。と言っても大先輩2人に、混ぜていただける素敵な時間。
30年近くお世話になってきた、S英社のF田役員が、11月末で退任されるという。Fさんの常に兄貴分として各誌でその「前任編集長』として、同じ道を歩み、一昨年退任。今や作家として大活躍の島地さんが、広尾の書斎でありバーである仕事場に招いてくださった。

そして、その書斎から徒歩3分。明治通、恵比寿と広尾の中間にある、シマジ先生、行きつけのブラッスリー「マノワ」に。
2週間ほど前から、北海道で狩猟が解禁。良い野鴨が入っていると言う。

Sさんは、30年前からワインを極め、よくご一緒いただいたが、ワインはめでたく「卒業』され、今はシングルモルト一筋だという。

食前、食中は食事を引き立てる「タリスカー」を山崎のプレミアム炭酸で割ったものだ。これもハイボールだな。そして、元名物編集長2人と乾杯。
まずは、ジビエのテリーヌがアクセントのサラダ。そして牡蠣。

話題はつきない。開高健さんの嶋地さんの「酒場でジョーク10番勝負」。不肖私が司会をさせて頂いたのだが、本当に面白い話に抱腹絶倒したが、Sさんの勢いは全く変わらない。
(集英社文庫「水の上を歩く」として、いまだ好評発売中・・・かな)

ブラッスリー マノワ フレンチ / 広尾駅恵比寿駅
夜総合点★★★★ 4.0

続きを読む >>
author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 16:53
comments(0), trackbacks(0)
神宮前、ブラッスリー・ラルテミスで赤ワイン
IMG_0049.jpg神宮前で、パリから来日したドラさんと、フランス帰りのM永君と打ち合せ。終わったのが17時半。
3人顔を見合わせて「どこかに行く、一軒ぐらい・・・」と。

元編集者だったM君が先導してワインの飲めそうな店を探して徘徊10分。ドラさんが「前に行った事ある」と言う、ここ「ブラッスリー・ラルテミス」(BRASSERIE L'ARTEMIS」に。18時の開店前だったが無理を言って入れていただいた。

2人は、ともかくボルドーの赤ワイン、とワインリストを片手にソムリエを呼ぶ。
最初は日本語だったが、フランスで3年勉強したというソムリエ氏と、2人の会話は次第にフランス語に・・・僕は蚊帳の外だが、何となく分かる(気がする)。
ワインが決まったところで、「ツマミ」つまり前菜。
2人は次の予定があるので、あまりたくさんは食べられない・・・と、この時は言った。

「タスマニアサーモンの瞬間薫製温泉卵かけ」まさにレアな鮭に表面の軽いスモーキーな香り、温泉卵の優しさが絡んだ一品。一本眼のボルドー、メドックのでキャンティングされた赤ワインがジャストミート。

今日は、アカデミーデュバンの先生でもある彼女のチョイスだ。
そして「穴子の時のこの天ぷら」、フランス風の名前は忘れてしまったが、「Congre」(穴子)のなんとか・・・ともかくこの写真の一品。
ワインが短時間で変化し、香り立ち丸くなっている。

「生ウニとタマネギのムース・トマトのジュレがけ」ウニとタマネギのハーモニー、そしてトマトの酸味、香りが鼻孔を抜けくらくらするような感覚。ここでボルドー、サンテミリオンの赤ワインをもう1本。早速デカンタージュ。
IMG_0050.jpg前菜と、楽しい異文化の語らいをつまみにメインディッシュはいらない。
ここで終了。彼女は赤坂、彼は渋谷へ。
そして僕は、傷病兵?!、ほんの少し「禁酒」を破った心と左手の痛みを胸に自宅へ直帰。
いや、これは青春時代の恋の痛み程度、かえって心地よいのだった・・・(苦笑)


ブラッスリー・ラルテミス フレンチ / 明治神宮前駅原宿駅北参道駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 07:11
comments(0), trackbacks(0)
この一食のために長野駅へ
 15時過ぎの東京発長野新幹線に乗車。
夕方長野駅に着いた。今日は駅コンコースののカウンターだけのレストランで
東御市(とうみし)の食材を、茅野のエスポワール藤木シェフが調理するイベント
で彼の力作をいただくためだ。
サフォークのソーセージまずは、同市の名物となりつつあるサフォーク(羊)の腸詰めときのこ。同市特産のワインをいただきながら・・・
藤木シェフのメニューフォアグラも黒トリュフもすべて地元産だ。
この素材を藤木マジックでどんどんいただく。あっという間に満腹。
食後にはホテルのバーでウイスキーをいただいて、東京行きの新幹線に飛び乗る。
とても贅沢な一夜だった。

author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 22:01
comments(0), trackbacks(0)
西荻窪「こけしや」のハンバーグ
月曜日、西荻で打ち合わせのあと、相手先を誘って、懐かしい「真砂」に行ってみたら見つからない。裏路地の2階なので、月曜休日で看板が出ていないのか・・・それとも閉店か・・・ちょっと不安だ。

で、駅前の「こけしや」別館・テラス店に。本館3階のフレンチはちょっと敷居が高いが、ここは、地元の老夫婦が小さな孫を連れてくるような開放的な店だ。しかし、もちろん料理はしっかりしている。

生ビールをいただきながら、フレッシュハンバーグをいただく。いやあ牛肉100パーセントはもちろんそうだろうが、ドミグラスソースが安心できるうまさだ。牛肉と野菜のポトフ。キャベツやたまねぎが、しっとりトロトロで甘い。
ハウスワインの赤を1本。

テラスの外の屋外テーブルでは、おばあちゃんに連れられた若夫婦と3歳いぐらいのお嬢ちゃま。美味しそうに「コロッケ」や「エビフライ」をほおばって笑いが絶えない。

徒歩15分で帰宅。
author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 10:57
comments(0), trackbacks(0)
渋谷・神南アリマックスホテルでランチ
アリマックスホテル渋谷の坂を上り皆様の放送局の関連、某オフィスで打ち合わせ。

ちょうど昼時、ということでK林専務が近くの隠れ家的ホテルアリマックスホテルのレストランポリアンザに案内してくださった。
Kさんとはもう20年近いが、声の通る、さすがN出身の紳士だ。ネットと放送について、雑談しつつランチコース。

3種類の真ん中を2人とも選んでしまう。
サラダ、そしてグリーンピースのポタージュ。メインは僕はクロむつのラタトゥーユ添え。Kさんは肉料理。焼きたてのフランスパンが美味い。
そしてコーヒーとデザート。

駅まで急ぎ足でカロリーを消費する。
author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 15:22
comments(2), trackbacks(0)
田崎真也さんのレストラン「S」で暖炉の会
小布施から、西新橋のレストラン「S」に。
今日は、元Tガス宣伝部の名物K長で、今はGエネルギー新聞社のしゃちょうのSサンを中心に、同社の都市科学研究所のメンバーや、さまざまに面白い人々が13人。
1人あたり5つのワイングラスが並び、気合十分。コースに合わせて次々に、ワインが出てくる。僕のテーブルは、建築家M沢さん、美人所長H川さん、同じく美人プランナーK田さん。皆さん食にも酒にも強く、ワインはわんこそば状態でグラスが空に。

今日のテーマは、暖炉、そしてについて、自由に語り合うこと。(完全なる自由ではないのはもちろんですが)

結論はやはり北欧、ヨーロッパなど「本場」を見なくては・・・ということ。いずれ楽しい旅が出来そうだ。
author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 12:00
comments(0), trackbacks(0)
高田馬場の「ル・シュバール」
ル・シュバール
飲食店経営者から高く評価されつつあるフードリンクニュースのY社長の案内で珍しくフレンチ。しかも高田馬場だ。
一階はお菓子屋さん、2階はイタリアン。3階まで会談で上がると静かな空間に出る。桑田支配人の丁寧な案内で席に着き、お勧めの「金シャチビール」をいただく。苦味の効いたしっかりとしたビールで感心。後はお勧めのワインの世界に突入。
メニューは、これまたオーソドックスなフレンチだ前菜、スープ、肉料理、チーズ。しこたま胃袋に入れてしまった。しまった。
軽く、新宿「思いで横丁」の地下酒場「みのる」で角瓶ハイボール。さっぱりと日本の親父に戻って中央線に乗った。
author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 17:22
comments(0), trackbacks(1)
ジョエル・ロブションでセミナー
パリに本部があり、世界に453件の高級レストランやホテル、旅館などが加盟する「ルレ・エ・シャトー」。この組織の新会長T氏と加盟オーナーシェフ7人が来日。
今回新会員となった恵比寿の『シャトーレストラン・ジョエル・ロブション』で、セミナーとレセプションが開かれた。もちろん、ロブション氏も壇上に並ぶ。

一昨年、お邪魔して感動したバリ島の『マタハリビーチリゾート』(ここも同会のメンバー)のGM(フレンチのシェフでもある)も来日し、この会に出席とあって、僕も末席に連なることにした。

ルレ・エ・シャトーの、理事の面々から、ジャスト1時間、彼らのポリシー、新会員の説明。メンバーの基準は5つのCだそうだ。
 Character (特色)
  Charm (魅力)
  Calm (落ち着いた)
  Courtesy (心のこもった)
  Cuisine (料理)
なるほど。ホテルは100室以下、つまりサービスの行き届いた隠れ家的宿が多い。

そして、部屋を替えてパーティー。モエのシャンパンで乾杯だ。さすがにワインのチョイスは一流だ。しかし、あまりの混雑に30分ほどで退場。マタハリの日本総代理店をするW社の、Wさん、Fさんとサッポロビアホールで生ビールとソーセージでささやかに乾杯をした。


author:m-dax(hangover), category:フレンチ, 12:59
comments(0), trackbacks(0)