RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
手術は、こんな風に進行した
 朝、荻窪駅近くの整形外科に、手の専門医Tさんの診察。
“左手中指の腱損傷で、腱が脱臼します。手術して縫合するのがベターかと思う”
「分かりました。やるなら早く、最短で」と注文。

Tさんが、KO大学の先輩医Sさんと今日午後、某病院で手術があり、そのあとなら出来るかも、と早速連絡し、午後15時オペ開始が決まった。

早速その病院に移動し、事前の血液検査、S医師の診察。相当なベテランで、とても信頼出来そうで一安心。

14時半に、救急外来を訪ね、血圧測定。看護士さんによる問診。
浴衣のような手術着に着替えカーテンでしきられたベッドに横になる。
右腕に点滴の針を刺しテープでしっかり固定。(まだ輸液はつながないが、血は固まらない措置)
“なぜ、点滴をするんですか”との質問に
“オペ中に何かしらの異変があった際にすぐ対応出来るように”だと。
つまり、強心剤や、あるいは輸血等に瞬時に対応するためのようだ。

救急外来なので、いろんな人が運ばれてくる。隣は、一命をようやく取り留めた認知症と思われるおじいさん。娘さんが色々会話するが、うなるばかり、そのうち薬が効いてきたのか意識は取り戻したようだ。長男が駆けつけてきた。一生懸命話しかけるが、息子と認識出来ないよう・・・「親父、俺だよう・・・」
孫の女子大生(と隣では想像した)がやってきて“じいじい、えり子だよ”と声をかけると、何となくうなずいたようで、少し明るい雰囲気に・・・
別のカーテンの中では「ベッドに固定しないと危ない」つまり縛っておく時間が出来るがいいか、と医者が親族に許可を求める会話も聞こえる。
・・・・救急外来、大変なところだ。スタッフそしてご家族の真剣さをカーテン越しに感じる。

前の手術が長引いているとの事で、16時15分頃ようやく、生理的食塩水の点滴をつながれる。
いよいよだ。
眼鏡を外し、点滴をスタンドでぶら下げながらエレベーターに乗って手術室に。テレビドラマであるあの風景だ。シャワーキャップのような帽子をかぶる。

手術ベッドに横たわり、段取りの説明。医師二名、看護士二名の4人。
見上げるとライト。そして左手は肩からむき出し、腕の付け根にチューブを巻く。
右手には5分に一度作動する血圧計のチューブ、そして右腕の先には点滴がつながっている。
胸には心電図をはかる端末が・・・

青の前にタオルのカーテン。そして左手の下にいろんな防水シートを魅いた後、腕の付け根から指先までくまなく、ジャフジャブと消毒される。いよいよだ。
(こちらから手術は見えないが,僕の表情は医者から見える。そして,このタオルのカーテンは血などが飛んでもかからない処置でもありそうだ)
手を上にあげ、血液を上から下へ搾り取るようにさすり降ろした直後にチューブがぎっちり締められ、血が、指先に出来るだけ回らない措置。ちょっと痛い。そしてしびれがやってきた。

「はじめます。まず切開する位置を下書きします。」中指の付け根あたりにボールペンのような感覚。そして“局部麻酔、これは痛いです」と言った瞬間ずぶりと来た。少し指をマッサージして薬を拡散させた後、メスで切り込んできた。途中、ある部分から痛みが・・・[痛いです」・・・[分かりました」と局部麻酔をもう一本。

もはや感覚はほとんどない。
[ほう、立派に膜が破れてます。早速縫合します」と・・・
切られたり縫われたり引っ張られたりするほのかな感覚。
右手の血圧計が5回目、ぎゅっと締まった。はじまって25分か。
[血圧高いですねえ、緊張してますか」と聞かれたが[当たり前でしょう」と・・・

後輩のT医師に、色々説明解説をしつつ指をゆっくり曲げて[うまく行った。終了」の声。
血圧もぐっと下がるのが分かる。
[左のチューブの圧を落として」。すると正座でしびれた後の、ジュワッとくるあの感覚で腕から指先に血が巡ってくるのがはっきり分かる。

点滴、血圧計等を外し左手はがっちりと固定。

ようやく終了だ。フうーっとため息。17時10分。
そして今日は夜だけ予定を遂行。
Mハウスの編集者S田さんが定年。感謝の会を某中央官庁の官僚氏、ジブリ美術館の課長氏たち5人と祝うのだ。欠席するわけには行かない。

六本木の 和心庭「一蔵」で。

飲み放題にしてくれていたのだがさすがに今日は酒は無理。
しかも利き腕がほとんど使えず、フォークとスプーンを使って食だけ参加したのであった。
さあ明日の痛みはどれくらいだろうか。
author:m-dax(hangover), category:-, 23:07
comments(2), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:07
-, -
Comment
痛みがほどほどでありますように。

やはり、アレの叩きすぎが原因なのでしょうか?
ヒナ, 2010/09/22 12:45 AM
ヒナさま
ご心配かけます。
原因は分かりません。長年の勤続疲労でしょうか・・・

ただ、カラオケでボンゴを叩けないほど痛くなったのは事実です。
m -dax, 2010/09/22 6:28 AM









Trackback
url: http://hangover.jugem.jp/trackback/489